採用情報:藤井さんインタビュー

Fujii01

現在、広島の大手自動車メーカーの設計業務を行う藤井さん。一時は他業種の設計業務に就いていましたが「自分に納得がいく仕事がしたい」ともう一度、自動車業界を切望。
自分の仕事に芯を通すのが仕事を楽しむコツだとお話してくださいました。

トムズへの入社を決めた理由は?

もともと自分は自動車業界で、他派遣会社からトムズに移って設計の業務に就いていたんですが、途中で他社の正社員で違う業種の設計を行っていたんですね。ただその業務をしている中で「やっぱり自分は自動車の設計がしたい」と思いが募って…ちょうどその時に再度トムズさんからお話をいただきました。

トムズは紆余曲折している自分にやりたい仕事を探し続けてくれました。おかげで、今は仕事内容と環境ともに自分に合った派遣先で就業してます。そんな自分の思いを尊重してくれるところがトムズの魅力で「この会社を信じてやっていこう」と思ってます。


Fujii02

私の仕事

自動車メーカーでNXというソフトを使ってドアトリムの設計をしています。自分で考案したものを形にしていける仕事なのですが実はかなり奥が深いです。

量産のための効率を良くするために何ができるのか?工場の方が作業しやすく、かつデザイン性を追求していくにはどんな設計がよいのか、どんな形状が使いやすいのか。あとは自動車というたくさんの方が使用するものですので安全性も求められます。話をするとキリがないですがそんなことを考えながら仕事を進めていくのはすごく充実感がありますね。

また工場の中で完成した製品をみることがあるんですが自分の思いのこもった製品をみるのはエンジニアの醍醐味ですね。


Fujii03

私のこだわり

常に自分から動いていける人間でありたいと思います。それと自分は楽しいと思える仕事、本当にやりたいと思える仕事をずっと追い求めてきた人間なので、自分が楽しんで仕事をすることをこだわりにしていますね。

ただ独りよがりでは仕事はできません。周りのことをしっかり考えて、設計一つをとっても「作業する人にとって」を考えれるシーンはたくさんあります。そういう部分を大切にして今後も楽しんで仕事を進めていけたらいいですね。

私の夢

将来、父親になった時に自分をみて「自分のやりたい仕事に就くって楽しいんだな」と思ってもらえるような自分でありたいですね。そして子供にはエンジニアでなくてもいいから自分のやりたいことをやっていってほしい。

そのためにも自分は将来的に指示なしで完全に一つのプロジェクトを任されるようになりたいですね。やっぱりなんだかんだいっても他の方が設計されたものを作成するだけよりかは自分で自由にやっていくのが性に合ってる気がするんです。そのあとは未来のエンジニアを育てるというか人に技術を教えれるようになっていければと思います。